ブラックリスト お役立ち情報

ブラックリストの基準

全金融機関共通のブラックリストは存在していませんが、各金融機関においては、それぞれがブラックリストを作成しています

また、ブラックリストに載る人はその金融機関と過去に取引があった人、現在取引中の人に限られます。

今まで1度も取引がない金融機関のブラックリストに載ることはありません。

ブラックリストの基準は様々で、一般的に消費者金融業者、クレジット会社、銀行という順で基準が厳しくなります。

これは、金利が低い順が審査基準が厳しい順ともいえます。

しかし、金利が低いほど、または審査が厳しいほど、ブラックリストの基準も厳しくなるとはいえません。

あくまでその会社の方針や考え方次第になります。

例えば、2社から借入れがあり、同じように返済が滞った場合には、金利が低いほうではなく、高いほうだけがブラックリストに載ることもあります。

利用者が借入れの審査基準を知ることができないと同じように、ブラックリストの基準も知ることはできません。

完全な社内秘になりますので、聞いても教えてくれません。

ブラックリストになる事故情報

俗にいうブラックリストとは、金融機関が審査に用いる個人情報機関の事故情報のことを指す場合が一般的です。

他にも、各金融機関が自社データを用いて独自に貸付禁止顧客リストを作っていますが、それはあくまでもその金融機関のみのものです。

金融機関は融資の申し込みを受けると、個人情報機関という第3者機関にその申込者について照会します。

個人情報機関には1人1人のこれまでの借金の詳しいデータがあり、その人の現在の借金がどれだけかということなどがわかります。

金融機関では顧客の借入れ情報や返済情報、その他様々な情報を個人情報機関に登録する義務を負っています。

そのため、1つの金融機関で返済が遅れた場合には、全ての金融機関が個人情報機関で照会すれば、その事実を知ることができるのです。

では、ブラックリストになる事故情報ですが、破産、民事再生法、特定調停、第3者介入、長期延滞、詐欺の有無、強制解約、本人による貸付禁止依頼などになります。

第3者介入というのは、弁護士さんや司法書士さんに債務整理を依頼した場合につく事故情報です。

これらを金融業界では事故情報と読んでいますが、最近では事故情報がついている人に対しても融資をすることが増えてきました。

金融機関の審査基準は時代によって変化していくものなので、今後は何が事故扱いになるかはわからないといえます。

家族が債務整理した場合

正規の金融機関同士で共有している情報があり、その情報で審査に不利になるものがあれば、多くの金融機関での融資を断られることになります。

これがいわゆるブラックリストと呼ばれる実体です。

破産などの債務整理は審査で不利になる情報で、過去に債務整理をしている場合には、どの金融機関に融資を申し込んでもそのことが知られますので、融資が受けられない可能性が高くなります。

では、融資申込者の家族が過去に債務整理していた場合にはどうでしょうか?

答えは、一切関係ありません。

金融機関が審査のときに融資申込者の家族の情報を調べていたのは、既に過去のことです。

以前は家族に債務整理している人や、多重債務者がいれば融資を断っていましたが、現在では法律が整備され、融資申込者以外の情報を得ることを禁止しているのです。

そのため、家族がブラックリストであろうと、本人の審査には全く影響しません

ただ、ブラックリストの家族が取引していた、または取引中の金融機関に融資を申し込んだ場合には、融資が受けられないと思います。

配偶者が破産していた場合

消費者金融という業界が大きくなり、現在では給料のない専業主婦でもお金を借りることができるようになりました。

専業主婦の場合には、本人自身には収入がありませんが、配偶者である夫の収入があり、それを世帯収入として考えて金融機関は融資を行なっています。

毎月配偶者が家庭にお金を入れれば、その中から返済できるだろうというのです。

以前は専業主婦に限らず、全ての主婦の場合、金融機関での審査では本人以外に実際に収入がある配偶者などの個人情報を調べて審査していました。

そのため、配偶者が破産などの債務整理を過去にしている場合には、融資が受けられないことが多くありました

しかし、個人情報保護法の施行などの影響で、現在ではたとえ専業主婦からの
融資申し込みであっても、その配偶者の個人情報を取得することが禁止されています。

そのため、金融機関では申込者の情報のみで審査しなくてはいけないのです。

世帯収入として配偶者の収入を聞くことぐらいは許されていますが、配偶者の会社の電話番号を聞いたり、配偶者の会社の在籍確認をしたりすることは禁止されています。

もちろん、金融機関では配偶者が過去に債務整理していたかどうかも調べることができませんので、配偶者がブラックリストだとしても、審査には全く影響しません。

ただ、配偶者が申し込みしている金融機関で過去に債務整理している場合には、当たり前ですが例外になります。

ブラックリストか調べる方法

金融機関からお金を借りるときに、何社申し込んでも融資が断られてしまう場合、ブラックリストになっているのではと考える人が多いと思います。

ブラックリスト自体はありませんが、金融機関同士が共有している個人の借入れや返済情報があります。

なので、1社で延滞すれば全ての金融機関でその事実は知られることとなります。

他にも、どれだけの借金があるかとか債務整理の有無などもその情報には含まれています。

世間でいうところのブラックリストとは、金融機関同士が共有している情報の中で延滞や債務整理といった情報が存在している人のことを指していると思います。

いわゆるブラックリストになったからといって、そのことを通知してくれる金融機関はありません。

また、融資を申し込んで断られ、なぜ駄目なのか金融機関に聞いても教えてくれることはないはずです。

ブラックリストになると、何が原因でそうなったかを知ることはできないと思います。

ただ、自分のことなので、考えればわかると思います。

それでもわからないようなら、金融機関で利用している情報が間違っている可能性もありますので、取り扱っている個人情報機関に連絡することをお勧めします。