ブラックリストの真実

融資をしてはいけない要注意人物のリストとされる「ブラックリスト」は、実は存在していません

その代り、金融機関同士が共有している個人の借入れや事故情報(債務整理や延滞など)が記録されているデータベースが存在しています。

つまり、1社で延滞すれば全ての金融機関でその事実は知られることになるので、十分注意が必要です

ブラックリストのからくり

ブラックリストは、各金融機関がこれまでの自社情報を基にそれぞれが作成するもので、全ての金融機関が見ることのできる共通のブラックリストというのはありません。

しかし、ブラックリストという言葉は、自分のことを全く知らない、
初めて申し込みをした金融機関に断られ続けた場合によく用いられます。

初めての申し込みで自分がどういう人間か知らないはずなのに断られることから、ブラックリストが出回っていて、それを見たのだと考えるのだと思います。

これにはからくりがあって、全金融機関共通の貸付禁止名簿であるブラックリストはありませんが、その人の借入れや返済の状況などが載っているデータは見ることができるのです。

この借入れや返済などの情報は、個人情報機関という第3機関が管理しています。
各金融機関では、申し込みの度に申込者の情報を個人情報機関に照会しているのです。

つまり、借入れ審査で落ちる人は、ブラックリストに載っているからではなく、借入れや返済状況によって審査が通らなかった人なのです。

ブラックリストになる原因

各金融機関は借入れの申し込みがあった場合には、個人情報機関に申込者の情報を照会しています。

この情報に融資にマイナス材料が載っていると、いわゆるブラックリストになるわけです。

では、いったいどんな情報が個人情報機関から得られるのでしょうか?

個人情報機関とは、個人の金融情報などを蓄積した機関の総称で日本に1つというわけではありません。

関東や関西といった地域ごとにあり、消費者金融系や信販系、銀行系などでも分かれています。

しかし、個人情報機関で扱っている情報は概ね以下のとおりです。

氏名、生年月日、住所、勤務先名、勤務先電話番号、借入れ件数、総借入額、借入残高、返済状況、次回返済期日、債務整理情報など借入れ件数があまりに多ければどこに申し込んでも断られますし、債務整理しているのであれば、再出発などで破産者ОK以外のところでは借りれません。

当然、返済状況も重要ですよね。

返済期限が大幅に過ぎている人は、いわゆるブラックリストになります